一番のきっかけは、友人や同僚の婚約が、次々と決まりはじめた時でしょう。

一番のきっかけは、友人や同僚の婚約が、次々と決まりはじめた時でしょう。

 

結婚願望を持っている人は多いですが、本当に焦りを感じ始めるきっかけは何なのでしょうか。若いうちはまだ漠然としていても、「やばいかも!」と突然に焦りが襲ってくるものです。

 

その一番のきっかけは、友人や同僚の婚約が、次々と決まりはじめた時でしょう。

 

いつまでも一緒に遊んでくれると思っていた同年代の人が身を固めはじめると、自分が取り残された感じに襲われます。

 

大切な親友の場合だとなおさらです。祝福する気持ちも本当ですが、果たして自分の生涯のパートナーは本当に現れるのかと、いよいよ心配になってきます。

 

年齢を重ねるにつれて、ツーショットの年賀状を受け取る枚数が増えていきます。

 

独身を謳歌しているのなら良いのですが、多少なりとも願望があるのなら焦ってくるでしょう。

 

不思議なことですが、友達の間で幸せが連鎖する事があります。同じ時期に、何組もの周りのカップルが婚約したということも起こりますよ。

 

両親が何歳で一緒になったのかが基準となることも多いです。「今の年で、もう独身ではなかったんだ」「私を産んで育てていたんだ」と思うと、自分はどうしようかと考えるきっかけとなります。

 

「私は〇歳で結婚する」と決めていたけど、気が付けばもうその年を過ぎていた!という事もよくあります。20代、30代は仕事も忙しく充実しているだけに、日々が加速して過ぎ去っていきます。

 

働いてばかりいて、気が付けば人生設計が狂い始めていた!ということにもなりかねません。

 

女性の場合、仕事がうまくいかなくて婚活に力を入れる人も出てくるでしょう。今の仕事にやりがいを感じない、上司から「まだ結婚しないのか」とチクチク言われる。そんな環境にうんざりな場合、輝かしい第二の人生を切り開きたくなるかもしれませんね。

 

仕事から逃げたくはないのですが、厳しい現実をつきつけられ、悩む時期ではあります。

 

30代も半ばになってくると、何かしら体の老化を実感し始めます。

 

体のたるみや白髪など、見た目の老化に加え、若い時と比べて明らかに体力の衰えを感じてきます。

 

それまでは焦ってなかった人でも、ふと老後を考える瞬間があるでしょう。女性は子供が欲しい場合、本格的にパートナーを探したくなりますね。

 

今や婚活は世の中に浸透していて、県や市をあげて取り組んでいる地域もあるほどです。

 

全然恥ずかしいことではありませんし、やれるだけ頑張って後悔のない人生を歩みたいものです。月日は確実に過ぎていきます。「この人だ!」という運命の人に巡り合えたと感じたなら、積極的にアピールしてみましょう。

 

当たって砕けても良いのです。アクションを起こさなければ、何も始まりません。ただし当たり前の事ですが、相手の嫌がる事や執拗な追いかけなどは絶対にやめて下さいね。婚活ブームなだけに、詐欺にも十分注意しましょう。

 

まだ若いから、具体的には何も考えていないという人も、数年後には適齢期となっているかもしれません。

 

いつかは家庭を持ちたいという気持ちがあるのなら、良いご縁があった時には相手を大切にして、決意が固まった時に一緒になる事ができるとよいですね。

 

⇒女性が無料で使える婚活アプリランキングはコチラから