地方住みのアラサーは婚活に不利って本当?

婚活アプリ

 

時折耳にする、「地方住みのアラサーは婚活に不利」という情報。

 

実はこれ、本当なんです。

 

その理由と解決策を紹介します。

 

理由その@ イベントが少ない

 

 

地方で開催されるイベントの数は、大都市に比べてかなり少ないです。その分、出会いの場も少ないのが現実。

 

これは、とにかく出会いが重要となる婚活においては、かなり不利であると言えます。

 

また、アラサー向けのイベントに参加したはいいものの、男性がどれも同級生…なんてこともありがち。

 

 

理由そのA 結婚のときにお金がかかりそう

 

 

地方から大都市に出て結婚となると、そのときに必要なのが引っ越し費用です。

 

一般的な収入のサラリーマンにとって、引っ越しの出費はかなりの痛手となります。

 

“地方の人と結婚するとお金がかかる”というイメージを持ってしまっている男性も多いので、その分婚活には不利になるでしょう。

 

 

理由そのB 移住を求められそう

 

 

アラサーになるまで地方にいるということは、大都市に出る機会がなかったか、その土地が好きかの二択になるでしょう。

 

後者だった場合は、結婚を機に移住して欲しいと言われるかも知れないという危惧が、男性にはあります。

 

その場合は転職を考えたり、相手の親との同居になったり…はっきり言って、男性にとってメリットはほとんどない場合が多いのです。

 

 

解決策その@ 大都市のイベントに参加してみる

 

 

地方在住のアラサー女子が婚活する際には、大都市まで足を伸ばしてイベントに参加してみるのがいいでしょう。

 

中には地方住みでも構わないという男性がいますし、実際にイベントから遠距離恋愛に発展して結婚、という事例も少なくはありません。

 

地元でのイベントに縛られないようにすることをおすすめします。

 

 

解決策そのA 婚活サイトを利用してみる

 

 

どうしても地元で結婚相手を見つけたい、同じ地方で出会いが欲しいという方には、婚活サイトをおすすめします。

 

ここには、色んな土地に住んでいる人がたくさん登録していますし、地元でのイベントの情報もいち早く入手することが可能です。

 

大都市までは行けない、身近な出会いを見つけたいという方には、特におすすめです。

 

確かに、地方住みでアラサーとなると、すぐに結婚するのは難しいかもしれません。

 

ですが、もし同じ地方の人と出会えたときには、話が弾む可能性も高く、親近感を持てるという声もあります。

 

自分は地方住みのアラサーだからといって諦めず、色んな方法を使って新しい出会いをキャッチするようにしましょう。

 

婚活アプリ