ダサいを脱しろ!婚活男性に改善方法を指南!

婚活アプリ

 

婚活を始めたけど、ダサいことがコンプレックスで中々女性に近付けない…そんな男性はいませんか?

 

そこで、婚活男性が「ダサい」を脱するための方法をいくつか紹介します!

 

これらを参考にいつまでもダサいと言われる自分を変えてみましょう。

 

方法その@ 周囲の人にアドバイスをもらう

 

 

自分の周りにも、オシャレだなと思う人はいますよね?そういう人は、自分に似合うものを分かっているのです。

 

そこで、身近でオシャレな人にアドバイスをもらうようにしてみましょう。

 

本当にオシャレな人は、あなたが無理なく着こなせる洋服を選んでくれるはずです。

 

注意が必要なのは、過剰にオシャレ感を出している人。たとえば、やたらとスカーフにこだわったり、高い靴をすすめるような人は、本当のオシャレ、つまり自分に似合うものを身に着けるということをわかっていない人かもしれません。

 

 

方法そのA 専門家や婚活に慣れている人に聞く

 

 

例えば、婚活サイトのアドバイザーの人などに、自分の予算や持っている服の様子を伝えて、どんなアイテムを加えればダサい状態を脱出できるかのアドバイスをもらいましょう。

 

素敵な出会いに恵まれれば、その後のあなたの洋服は彼女が選んでくれる、ということも有り得ます。

 

まずは無理をせず、専門家に聞いてみることをおすすめします。

 

また、イベントでオシャレな男性と友達になることも一つの方法です。

 

特に、イベントでどんな服を着るのかは、その後の出会いにも大きく関わってきます。

 

慣れている人にアドバイスをもらうことで、自分では思いつかないようなアイデアを授けてくれるかもしれません。

 

 

方法そのB 通販サイトでマネキン買い(全身コーデ買い)をする

 

 

ネット上の通販サイトであれば、頭からつま先までの全身コーデをまとめて購入することができます。

 

これなら、プロが選んだコーディネートですから、間違いはありません。

 

ただし、サイズなどには注意が必要です。

 

上着はいいけどボトムスが大きい、上着もボトムスもパツパツ…なんてことになると、ダサさに拍車がかかるだけになってしまいます。

 

サイズに気をつけたら、次は予算です。あまりにも背伸びしたブランド物などを購入すると「ブランド男」のレッテルを貼られて、女性受けしない可能性があります。

 

 

婚活男性は、なぜか「ダサい」というイメージが付きまとってしまうもの。

 

スーツばかり着ていると、私服がダサい気がするという女性の意見もあります。

 

土日開催のイベントなどには、スーツをやめて少しカジュアルな格好で参加してみるのもいいかもしれませんね。

 

婚活アプリ