たくさん連絡を取り続けていくうちに、連絡を取ることが生活の1部になっていくことが望ましい

たくさん連絡を取り続けていくうちに、連絡を取ることが生活の1部になっていくことが望ましい

 

これまでちゃんとした出会いがなくて、ようやく参加した婚活パーティーで知り合った方と連絡先を交換してメールをする場合に、どれくらいの頻度で相手に連絡を取ればよいか悩む人も多いことでしょう。

 

これは人によって様々です。というのも仕事が早く終わる人や夜勤を行っている人など、婚活パーティーにはそれぞれライフスタイルがバラバラであり、性格も全然違う人が参加しているためということがあります。

 

連絡先を交換した相手がどれくらい連絡を取りたいのかもわからないため、出会って連絡先を交換した日にちが浅いうちに、どれくらいの頻度で連絡をすれば良いかをあらかじめ聞いておくことも良い方法です。

 

メールや連絡をとることが好きな人は、その都度こまめに連絡を返してくれるとは思いますが、相手が仕事中であったり相手の休憩中に連絡をしてしまいます

 

中には休んでいるのに連絡されたら困ると言う人もいます。確実に相手が家にいてやることも何もない場合に、こちらから積極的に連絡をとると良いでしょう。

 

 

また、挨拶で1行分の短い内容をこまめに1日に何度も送り合う人思いますが、男性はめんどくさがる人が多いでしょう。

 

それからやることが多い人の場合は、1行の連絡すらうっとうしく感じてしまう場合もあります。

 

 

お互いのことをいろいろ知りたいと言うのであれば、1行分よりは長文で相手が返しやすい時間帯に返せるように連絡をすることが大切です。

 

また返信に困るような内容のメールを送られてしまっても、正直返信に困ってしまい連絡が途切れてしまう場合があります。

 

そのため連絡が途切れないようにお互いのことが知れるようなやりとりを行うことが非常に大切です。

 

今日はどんな1日だったのか、婚活パーティーでの印象はどんなことを思ってくれたのか、また参加した感想など共通の話題を出すと会話が続きやすくなります。

 

 

大切な事は頻度が多いことで相手にとって負担になっていないかがとても大切です。

 

相手の負担になってしまうと連絡を取ることも嫌になってしまいます。

 

そのためあらかじめいつごろ連絡を取れば良いか聞いたら、相手にとって負担になることもなく、こちらもあまり相手に対して気を使うことなく言われた時間に連絡をすることができるため安心です。

 

 

たくさん連絡を取り続けていくうちに、連絡を取ることが生活の1部になっていくことが望ましいです。

 

相手から返信がなかったり、ちょっとした用事の時に今日は連絡がないなと少し寂しく感じた場合は、連絡を取り続けているうちに相手のことが気になってしまったと言うことになります。

 

この状態にまで持っていくことができれば後はデートの誘いをするだけなので、この状態にまでなれるようにすることが非常に大切です。

 

連絡をとっていくうちに内容を見ることが楽しみになれば連絡を取るのも楽しくなるでしょう。

 

相手の良いところはどんどん褒めてわからない事はどんどん質問をすることで自分に興味があるのかなと相手に思ってもらえるので1つのテクニックとしても使えます。