婚活アプリの失敗あるある!写真の失敗事例と気をつけるポイント

婚活アプリ 写真

 

婚活アプリを利用する上で重要となるのが、相手に自分のことを知ってもらうためのプロフィールの作成と自分の顔写真です。この自分の顔を撮影する時にやってはいけないいくつかの注意点があります。

 

 

まず比較的多い失敗例の一つが、自分を良く見せようと意識しすぎる顔です。

 

相手に興味を持ってもらいたい、良い印象を与えたいと意識をし過ぎてキメ顔風になってしまう人も少なくありません。

 

こういったキメ顔は逆に不自然に映ってしまうため、自分の良さを相手に伝えることができないこともあります。

 

笑顔や明るい表情は重要ですが、撮る時はキメ顔にならないように注意が必要です。

 

 

キメ顔同様に、アプリなどを使って顔を修整をして後々後悔するといった人もいます。

 

技術の進化によって専用のアプリを使えば素人でも簡単に加工をすることができるようになりました。

 

しかしいくら加工をして自分を良く見せたとしても、実際に会った時にバレるだけでなく、逆に悪い印象を与えることにもなるのです。

 

本当の自分を知ってもらうためにも、加工などの手を加えることをしてはいけません。

 

 

顔以外の失敗例としては、顔ばかりに意識が行き過ぎて一緒に映っている背景が汚くて悪いイメージを持たれる等です。

 

自宅などで撮影をした時に、背景に普段の生活の様子が伺える物が映っているケースもあります。

 

この時に整理整頓がされていて清潔感が感じられるのであれば問題はありませんが、ゴミなど一緒に映ってしまってだらしのない人間だと思われる人もいるのです。

 

撮影時は背景も意識することが大切といえます。

 

 

そして背景と同様にファッションに無頓着で失敗する事例もあるあるです。

 

ファッションは自分のイメージを左右する大事なポイントで、第一印象に影響するといっても過言ではありません。

 

せっかく顔も髪形も好印象を与えられる写真なのに、着ていた洋服がダサくてがっかりされるといった失敗をする人も少なくありません。

 

これはキメ顔を同様に、過度に意識をしすぎて派手な服装にしてしまうと逆に悪い印象を与えることもあるので、シンプルかつ清潔感が感じられる服装がおすすめになります。

 

 

最後に撮影機器の問題で写真のクオリティーが下がる失敗あるあるです。

 

撮影する機材によって、画質も違えば表情や雰囲気を柔らかくしてくれる機能など性能はさまざまです。

 

画素数も少なく補正機能も付いていない古いカメラで撮影をして実際の顔より暗めに撮れてしまって損をするといったことのないように、できる限りカメラの性能にもこだわることも忘れてはいけません。

 

⇒無料で使える婚活アプリのランキングはコチラ