恋活がうまくいかない理由ってなに?

婚活アプリ

 

しばらく恋活を続けているけど、一向にいい人と出会えない…そんな悩みを持っている人は、これから挙げる「恋活がうまくいかない理由」の項目にあてはまっていませんか?

 

あらためて自分を見直してみましょう!

 

・理由その@ 相手をスペックで判断している

 

 

多くの女性が男性に求める理想像として、身長・年収・仕事・趣味などが、自分の理想に合っているかというものがあります。

 

でも、これらの理想すべてを満たす人なんて、はっきり言ってそうそういません。それが現実です。

 

でも、「身長は低いけど仕事や年収は安定している」「趣味はあまり合わないけど見た目はすごくタイプ」など、どれかひとつが欠けていても、その他は満たしているという男性はたくさんいます。

 

あまりにも男性をスペックで判断していると、せっかく自分と性格が合う人、これから結婚に結び付くかもしれない人を逃してしまいます。スペック重視ではなく、相性重視に切り替えてみませんか?

 

 

・理由そのA 自己アピールが苦手

 

 

就職などでも、自分の入りたい企業の内定をもらうために、自己分析と自己アピールをしましたよね。

 

実は、この自己アピールは恋活でも大切なのです。自分と付き合うとどんないいことがあるのか、それをアピールできる人は強いのです。

 

趣味の話になったときに、「趣味は映画鑑賞」「お酒を飲むこと」と答えてしまうと、この人は一人で何でもできる人と思われてしまうかもしれません。

 

そこで、「こんな映画を見に行って、感想を言い合うのが好き」「誰かと会話しながらお酒を楽しむのが好き」などと、自分の情報にプラスαを付け足してみてください。

 

そうすることで、「この人といるのは楽しそうだな」「もっと話してみたいな」と思ってもらえる確率が上がるのです!

 

 

・理由そのB 恋に夢をみすぎている

 

 

恋愛は素晴らしいものですが、実際には二人の人間がつむぐ人間関係です。いいときばかりではありません。

 

そういう現実を嫌がって、恋に夢ばかりみていると、目の前の素敵な人を逃してしまうかもしれませんよ。

 

恋活とは、とても現実的なもの。だからこそ準備や自己分析、努力が必要なのです。

 

今の自分を丸ごと愛してくれる運命の人に出会えないと、それは恋じゃないなどと考えていると、本当の運命の相手を見失ってしまうかもしれませんよ。

 

まとめ

 

このように、相手をスペックで判断する・自己分析を怠る・恋に夢をみすぎていると、恋活がうまくいかない可能性が高くなります。

 

でも、意識を少し変えるだけで、うまくいかない恋活とさよならできるかも!諦めてはいけませんよ。

 

婚活アプリ